介護資格の種類と取り方

介護の資格を取ろう!

高まる介護系資格の需要

日本は既に高齢化社会が到来していますから、お年寄りの数は増える一方です。人口ピラミッドの構成が原因ということもありますが、医療技術が発達しているのと、ほとんどの人が国民健康保険に加入していることも高齢化を加速させている要因ともいえます。つまり、多くの日本人がきちんとした医療を受けられるという恵まれた環境が背景にあります。高齢化社会ということで、介護の需要が増しているのが現状です。それに伴って、介護系資格の需要も増しています。介護系の資格、介護福祉士やケアマネジャーなどは、独学で取得できるものがほとんどです。当サイトでは、介護の資格についてクローズアップしています。

 

三島茂人 介護福祉士 ケアマネージャー 教材

介護福祉士について

最近は養成施設を経て介護福祉士の資格を取得する人も増えているみたいですね。高校進学後、福祉大学や社会福祉士養成施設や保育士養成施設を経て介護福祉士養成施設に入る人もいます。高校進学後すぐに、介護福祉士養成施設に入る人も入るでしょう。大学等を経た場合は1年以上、高校からすぐの場合は2年以上、介護福祉士養成施設で働けば介護福祉士の資格を取得する事が出来ます。介護福祉士は学校を入学しなくても実務経験があれば取得する事が出来ます。その為、ある程度の年齢になってから介護福祉士の資格を取得する人も増えているのです。試験は難しい問題もあるので、スクールや通信講座で勉強をしてから取得をする人もいます。介護福祉士は今後も需要が高まる可能性が高い資格といえます。

 

介護福祉士 独学 参考書

ケアマネージャーについて

ケアマネージャーは国家資格です。その為、試験に合格しなければケアマネージャーとして働く事は出来ません。ケアマネージャーを受験する為には、受験資格をクリアしていなければいけません。まず、既定の国家資格を所持しており、かつ実務経験が5年以上ある場合です。既定の国家資格とは、看護師や歯科衛生士、介護福祉士や理学療法士です。これらの福祉関係の資格の所持が必要となります。国家資格を所持していなくとも、介護業務や相談援助業務に就き通算5年もしくは10年以上の経験があれば受験を受ける資格があります。相談援助業務も介護業務も詳細な規定があり、それに満たしていなければ受験をする事が出来ません。ケアマネージャーの資格を受験できるかどうか、事前に確認をして置きましょう。介護福祉士とケアマネジャーの両方を取得するのもいいでしょう。

 

ケアマネージャー 独学 勉強法

介護の現場

介護の現場で働いている人は、知っていると思いますが、介護の仕事は重労働なのです。お年寄りの体を支えたり、持ち上げたりする必要があるので、思ったよりも力が要るのです。介護の仕事に就いている人は女性が多いですが、男性スタッフも介護の現場には必要です。特に足腰が弱った老人をお風呂に入れるとなると大変です。最近では、訪問での入浴介助サービスもあるくらいです。

 

入浴介助にかかせない道具の一つとして、お風呂用の椅子があります。普通のバスチェアーではなく、スケベイスを使用するのが普通のようです。座ったままの姿勢で、股間が洗いやすいという理由のようです。スケベイスも介護用品としての扱いになります。そのため金色ではないスケベイスも存在しています。なかには、アクリル製でデザインが優れているスケベ椅子もあるようです。

 

スケベイス 通販

いま注目の資格、社会保険労務士を取得しよう。
社会保険労務士は独学で勉強しても合格できるかな。
坪義生 社会保険労務士


Copyright (C) 2009 介護の資格を取ろう! All Rights Reserved.