ホームヘルパーとは?

ホームヘルパーの資格について

ヘルパーとは、ホームヘルパーの略称です。高齢者や障害者等、自宅での生活が困難な人のサポートをするのが、ヘルパーの仕事となります。そんなヘルパーには1級、2級、3級という段階が有るのです。

 

ホームヘルパー3級は一番簡単なホームヘルパーの資格です。ホームヘルパーの入門編といっても過言ではない3級は、50時間の講習で取得をする事が出来るとても簡単な物です。座学での抗議や簡単な介護実習、在宅サービスを行っている現場の見学だけで取得をする事が出来るでしょう。

 

ホームヘルパーは、家庭用の資格だと言われています。家族の介護が必要となり基本的な知識を身に付けたい人は、3級を取得したら良いかも知れません。しかし、3級を取得する人は殆どいませんし、仕事として働けるのも2級からとなっています。2級は、介護資格の入門とも言われている資格です。58時間の講義を始め、実技実習や施設での介護実習により取得をする事が出来ます。介護資格の中でも安く簡単に取得する事が出来るので、主婦層に人気の資格なのでは無いでしょうか。

 

ホームヘルパー2級の資格を所持していると仕事として生かす事が出来ますが、働き口は限られています。ホームヘルパー1級は、2級を取得をし、かつ実務経験1年以上の人が取得をする事が出来る資格です。ホームヘルパーのリーダーとして深い知識や技術を身につけ、他のヘルパーをまとめる事が出来るのがホームヘルパー1級なのです。実習を中心に様々な知識と技術を身に付けなければ1級の資格を取得する事が出来ません。


Copyright (C) 2009 介護の資格を取ろう! All Rights Reserved.

ヘルパーの資格