介護保険の保険料

介護保険の制度について

介護保険とは、保険料を財源として介護が必要な人にサービスを提供する制度の事を言います。介護保険は、国や都道府県、市区町村の税金から支払われ、介護保険の財源に充てられているのです。介護保険制度から介護サービスを受けるためには、要介護度レベルを満たさなければいけません。

 

例えば、第一法被保険者は65歳以上の高齢者となります。第二号被保険者は、様々な理由により介護が必要となって40歳から64歳の方の事を言います。他にも、体の障害等により介護が必要となった人は、介護被保険者となり介護サービスを受ける事が出来るでしょう。

 

介護サービスを受けるためには、申請をする必要があります。要介護認定として申請をする事で、要介護要支援と認定され、サービスを受けれるようになるのです。介護保険は、2000年4月にスタートした制度です。高齢化が進み、家族が介護をするのが難しい世の中になりました。

 

核家族化、共働き等のせいで、家族も十分に介護をする事が出来なくなってしまったのでしょう。一人暮らしが困難なお年寄りや寝たきりの方、痴呆症の方等の介護を家族だけで行うのはとても大変な事です。老人のみで生活をしている家の中には、老人が老人を介護する老老介護の問題も起こっています。そんな介護の負担を、金銭面から軽くする為に出来たのが介護保険です。介護保険が有れば、金銭面が不安で受けれなかった介護も受けやすくなりますよね。家族の負担も軽減されるでしょう。


Copyright (C) 2009 介護の資格を取ろう! All Rights Reserved.

介護保険とは?